自己破産後にデビットカードは作れる?

自己破産をすると個人信用情報機関に事故情報が載ってしまうため、クレジットカードを新たに作ることはできません。

ではデビッドカードはどうなのでしょうか?

自己破産後でもデビッドカードは作れる

自己破産した人でもデビットカードは新たに作ることができます。

デビットカードでは、ローンやクレジットカードのような審査がないため、信用情報に自己破産の記録があっても、問題なく申し込むことが可能です。

デビットカードとは、国際ブランド加盟店でショッピングができて、商品を購入した際に代金が直接銀行口座から引落しされるカードです。

クレジットカードはショッピングした分を後日引き落としとなるため、一時的にお金をクレジットカード会社から借りている状態になります。

カード会社はきちんとお金が返せる人でないと困るため、クレジットカードは審査が厳しくなるのです。

自己破産での口座凍結に注意

デビットカードは銀行口座があれば作れます。

口座がなく、自己破産をした後でも口座開設だけであれば問題なく行えます。

しかし、銀行のカードローンや住宅ローンを利用していた場合、自己破産をすると同じ銀行の預金口座が相殺・没収されてしまいます。

さらに預金口座は凍結となり、一定期間使用できず、口座が凍結すると出金できなくなってしまいます。

そのため、持っていたデビットカードは一定期間利用できず、同じ銀行での新規作成もできないため、注意が必要です。

しかし、凍結や相殺を気にする必要があるのは、ローンなどを利用している銀行の口座だけですので、ローンなどがない銀行口座であれば利用可能です。

デビットカードの利用にも問題ありません。

自己破産申請中や、手続き中にも利用できる口座を新しく作っておいて悪いことはありません。

他の債務整理の場合は?

債務整理には自己破産の他に任意整理、個人再生があります。

任意整理や個人再生でも信用情報機関に事故情報が載ってしまうためクレジットカードは作れず、ローンなどの影響も避けられません。

しかし銀行口座を問題なく開設さえできれば、デビットカードは利用できます。

デビッドカードでも作れないものがある

基本的に債務整理後でもデビッドカードを作ることは可能ですが、銀行の口座残高が不足した時にバックアップする機能が付いているデビットカードには注意が必要です。

不足した金額を銀行が立て替えるため、契約の際にあらかじめ与信審査を行います。

そのため、債務整理の記録があると「審査は通らずデビットカードも作れない」といった可能性が高いです。

個人信用情報機関に事故情報が載る期間は、5年から10年です。

その後はローンやクレジットカードに申し込む事が出来るようになります。

事故情報が消えるまでの間はデビットカードを利用するのがおすすめです。

まとめ

自己破産後でもデビッドカードを持つことは可能です。

しかしデビッドカードは銀行口座に残高がないと使用できませんので注意しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする