年金受給中の高齢者でも債務整理できる?

借金を返済し終えないまま定年退職となり年金生活が始まると、経済的に厳しくなってしまいます。

このように年金受給中でも債務整理をすることはできるのでしょうか?

債務整理をすることは可能

結論から申しますと、年金受給中でも債務整理は可能です。

実は近年、債務整理を利用している高齢者は増えているのです。

債務整理に年齢制限はなく、それぞれの状況にあった手続きを行うことができます。

債務整理を行っても年金が受給できなくなることはありません。

債務整理の種類

主な債務整理の内容としては、任意整理個人再生自己破産過払い金請求などがあります。

任意整理

一般的によく利用されているのが、引き直し計算により利息をカットして3〜5年かけて返済していく任意整理です。

しかし、借金の額にもよりますが年金自体の金額はそれほど多くないことから、任意整理では実質的に返済ができる見込みが立たないこともあります。

個人再生

任意整理では返済が厳しい場合、次に検討されるのが個人再生です。

裁判所に再生計画が認可されれば、5分の1程度の借金を免除してもらうことができます。

個人再生は継続的に一定の収入が見込める場合に限り、申立てをすることが可能です。

一定の収入には年金も含まれますので、年金受給者でも個人再生ができます。

しかし任意整理よりも大幅な借金の減額が望め流一方で、車などのローンが残っている場合には車を手放さなくてはならない可能性があります。

自己破産

個人再生でも返済が厳しい場合は自己破産を検討します。

自己破産は養育費や税金などの非免責債権を除く、全ての借金をゼロにする事ができます。

破産手続は破産者の財産を処分して金銭に換価し、それを債権者に弁済・配当することで借金をゼロにします。

そのため20万円以上の財産価値のあるものに関しては手放さなくてはならないため、注意が必要です。

債務整理の注意点

債務整理の際に銀行での契約も整理の対象に入っていた場合は、銀行口座が凍結されてしまいます。

その際、年金が振り込まれる口座を凍結されてしまうと、年金の引き落としもできなくなってしまうため、事前に新しく銀行口座を開設して年金の振込先を変更しておきましょう。

また、保証人付きの借金があった場合は債務整理をすることで保証人に請求がいってしまいますので、事前に報告し、話し合いをしておきましょう。

そこで保証人も返済が厳しい場合には、保証人も債務整理をする必要がでてきます。

2010年以前にした借金だと過払い金が発生している可能性も

2010年7月以前にした借金がある場合は、過払い金請求ができる可能性があります。

過去に返済を終えている場合でも、返済終了から10年以内でしたら過払い金を請求することが可能です。

基本的には債務整理の際に弁護士や司法書士に依頼をすると、債務を一通り調べますので過払い金が発覚した場合は同時進行で手続きすることもできます。

まとめ

年金を差し押さえることは法律で禁止されていますが、借り入れ契約をしている銀行の口座に年金が振り込まれている場合、口座の預金ごと差し押さえられてしまう可能性があります。

借金が払えない場合はなるべく早めに債務整理をしましょう。

年金のみでの借金返済が困難な場合は、まずは弁護士や司法書士などの専門家に相談してみることをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする